DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

209系 北長野行配給列車

鉄道車両としての最後の姿という観点ではあまり喜ばしくないものの、通勤型車両好きとしては気になる京浜東北線209系の配給(=事実上の廃車回送)列車。パターンとしては新製された中央線E233系を新津から引っ張って来たEF64が、その翌々日に209系を連れていく…という事が多かった。そして今日は中央線T42編成配給から2日が経った日という事で、列車の性質上走るという確証は掴めないが、とりあえず沿線に出向いてみた。
やって来たのは列車が疎開先の東大宮操車場から中央線を目指すにあたり、東北貨物線から武蔵野線に合流する西浦和。多少の余裕をもって到着したところ、おや随分と同業の方の姿が多い。これはどうやら設定がありそうかな?と思い待つ事しばし…

姿を現した配給列車。やはり目を引くのはEF64+クモヤ+209系という独特な組成だろう。

たくさんの方が後打ちを狙っていたので無理かな?と思ったが何とか捉える事が出来た。路線表示は[京浜東北線]のままで、編成番号札からウラ33編成と分かる。しかし改めてこの車両がもう廃車かと思うと…いやはや。
ちなみに余談だが撮影後は武蔵浦和に戻り埼京線で帰宅した。特に意図も無く先頭車両に乗り、座席が空いていなかったので前面展望を楽しんでいたのだが…突如としてブレーキハンドルが一瞬にして非常位置に入り、間髪入れずに防護無線が発報された。何事かと思えば「異音感知」との事だったが後ろで見ていた自分は何も気づかず、運転士の方が非常ブレーキをかけた時も全くもって理由がさっぱり分からなかった。いや~当たり前だけれど、さすがプロの方というのは凄いものである。
スポンサーサイト

鉄道博物館を訪れる

いやはやここのところ更新が途切れる事が多くて申し訳ありません。忙しい…と言ったら本当に忙しい人達に怒られてしまうんだろうけれど、それなりにバタバタした日々を送ってまして。
そんな久々の更新となった今日は、東京都心部では久しぶりとなる本格的な雪がちらついての幕開け。確かに昨日のバイト帰りに駅で「明朝、積雪の状況によっては電車の運行に影響が」なんて文字が踊っていたものの、月曜にも同様の予報があったが見事に空振りを食らっていたので期待も50%程度しかしていなかった。ところが目を覚ませばなかなか降っているじゃない!という事で7時半過ぎから早々に出発。引退間近の225Fや中央線201系、それを見越して数年前の大雪時に撮りに行っていたとはいえやっぱり行きたいな…なんて思ったものの、いやいや地元が一番と初心(?)に帰る。結局時間が許す限りずっと西武池袋線を撮っていた。

そして昼前の湘南新宿ラインで一路大宮へ。東上線車両故障の影響を受けた有楽町線ダイヤ乱れの余波や雪そのものの影響で西武も遅れていたように、各線で遅れが出ていたので若干の遅刻もあったが無事全員集合。そして雪の中を突き進むニューシャトルに揺られ、一駅目で下車。そう、今日は鉄道博物館を訪れたのである。

(長引きますので続きはこちらへ/なお館内の写真も多々用いてますので、自分が行くまで楽しみを取っておきたい!という方はご注意を>) 【“鉄道博物館を訪れる”の続きを読む】

No Title

今日は大学もバイトも無い日だったのだが、残念ながら生憎の曇り空。しかしダイヤ情報誌で大宮183系による高尾山初詣臨時列車が設定されている事を知ったので、これを撮りに外出する事に。中央線内での撮影も考えたが、西武線でのアクセスもしやすい新秋津の中線で停車するようなので同駅へ向かう事に。相変わらずの寒さの中同業な方数名と待つ事少々、列車は現れた。OM102編成充当という事で、こちら側にシンボルマークが付いているのが嬉しい。
さて何故この臨時列車を撮りに来たかと言えば、大宮車に限って見られる特徴として初詣や修学旅行の臨時列車に充当する際に専用の絵幕を持っているのである。少なくとも初詣に関しては今のシーズンしかその姿を見る機会はないのだが、列車によっては通常の[臨時]や[団体]幕が使われる事もあるという。さて今回は…

見事初詣幕掲出!いやはや良かった。
そして8分の停車を挟んで高尾ヘ向かった同車を見送った後は、後続列車でお隣の新小平へ移動。下車後は歩いて西武青梅街道駅を目指す。こういう趣味を持っていると路線図が頭に入っているので一見乗り換えの類には強いようにも見えるのだが、逆に「路線図上では繋がっていないけれど、至近距離にあり乗り換え可能な」駅に関しては弱いのよね。だから他の例を挙げるならば有楽町と銀座と銀座一丁目辺りが余裕で徒歩圏内に位置しているというのを知ったのも中高時代の事だし、この新小平~青梅街道の関係性もたまたま先輩に聞いていたから知っていたもの。
そんな青梅街道駅、つまり多摩湖線にやって来たのは紛れも無く今後ヘッドマークの付く225F撮影に向けてのロケハン。恥ずかしながら多摩湖線って駅撮りで済ませていた事が大半だったので撮影地情報についてはとても疎く、225Fが動いていた事もあり一橋学園駅の先の本町信号所付近までを往復していた。その間にポツポツ撮れそうな場所も見つけたし、何より運動になって良かった良かった?

[駅に掲出されていたポスター。ゼロの中に写真が入っているのが個人的に好感]
…ちなみに夜には部活の同級生数名+4年生の先輩でお食事会。アルコールも入って皆さんいつも以上のテンションになったせいか、気づけば想定外にオールとなっていた。というか流れに流れた結果、会場がまさかの我が家というね。(笑

No Title

昨晩ネットサーフィンしていると、京葉線の201系が東京総合車両センター(東トウ)へ入場するという情報を目にした。中央線の同車が続々と姿を消しており、京葉線に関しても京浜東北線209系の転属によって置き換えられるという噂の尽きない今日この頃。入出場回送として他路線を走る姿もそう見られなくなるのだろうという事で、その姿を見に行ってきた。中央線内(中央線201系と偶然のすれ違いというオマケ付)~その後追い付いた新宿~湘新で先回りした恵比寿と3回撮影。真っ青な車体というのも久々に見たけど、いや~やっぱり良いものですな。

[新宿停車中]

[奥にチラッと中央線201系(H4:19H)の姿が…もっと早くこの撮り方に気づきたかった?]
さて恵比寿で撮影後はお世話になっている模型店サンに予約品を撮りに行く為山手線外回りに乗車。と、新宿を発車したところで西武新宿駅に白幕の目立つクモハ296が[快速急行]幕を出して停車しているのを発見、どうやら14時発の快急の様子。せっかくなので撮って行こうと新大久保で下車、ん~しかし予想以上に架線柱が乱立しており西武の撮影には適していないかなぁ…と思いながらも場所を探していると、新宿方先端に人だかりが出来ているのを発見。おや何か来るのかな?と思ったまさにその時、目に飛び込んで来たのはりんかい車…ではなくよく見てみれば京浜東北線209系。同車の検査はトウで行われるので、ここ(新大久保)を走り去って行くという事は最近始まった東大宮(操)への疎開回送だったのだろう。直後に内回り列車が到着したので車番等の確認までは出来なかったが、偶然ながら珍しいものを見る事が出来た。

[時間的には前後するが、出だしの池袋にて東武9000系リニューアル車@地上運用]

No Title

三が日最後の今日、という事は元日から走った東急8017Fも今日まで運用に入るのではないか?と予想。早朝から出陣するのも寒いがあまり時間が経つと人出も多くなるだろう、という事で8時前に到着する特急に狙いを定めて渋谷へ向かった。しかし残念、今日の17運行は9000系。その後もしばし待ってみたが姿は現れず、ケータイを通じて集めた情報と合わせて考える限りどうも今日は動かないようだ。
仕方がないのでそのままどこかに行こうとも思ったが、気持ち良い程に晴れているので地元を撮ろうじゃないかと西武池袋線に帰る事に。

[帰る途中の新宿でホリ快5号に201系の充当を確認。そういえば1号も201系だった]

[続いて湘南新宿ラインの臨時列車。定期では小田原行のところ、日付限定で熱海まで延長運転となる]
なお画像は無いのだが西武では2063Fが豊島園各停に充当していたり、アルミ車では副都心線改造第一号となった6154Fを初めて目撃したり。良い新年ですコト。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。