DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩鉄3000系 さよなら運転

平成4年から活躍を続けていた秩父鉄道の急行車両3000系(JR165系改造)が今日のさよなら運転を持って引退を迎えた。さよなら運転は羽生~三峰口~熊谷という行路で、合わせて三峰口ではイベントが開催され新型急行車両6000系(西武101系改造)との並びが見られるそうだったのでさよなら運転の往路は撮影せず余裕を持って三峰口へ向かう事に。という訳で西武からの直通快急の一本目に乗車する。思えばこの列車で秩鉄へやって来るのは初めてかもしれないが、それにしても浦山口の辺りとか随分と凄い所を走ってますな…よく国鉄101系とか都営三田線が走っているなぁと思ってしまう。
列車は三峰口に到着。3000系到着にはまだまだ時間があるが既に駅前には路線バスがバス停に止まれない程に大勢の人が集まっている。しかし大半が急行券や乗車券に並ぶ人だったようで、自分のような一般入場者は11時の開場と共に大した待ち時間無く会場へ入る事が出来た。グッズ販売やその他の展示車両を見ているうちに時間は過ぎて行き、11:58に3000系が入線。ホームでは太鼓隊(?)が出迎えるなどなかなかの盛り上がりようである。そしてしばらくの停車の後、入れ換えを経て3000系と6000系が肩を並べた。

この後はSLも到着し場内は更に盛り上がりを見せるが、自分はさよなら運転の復路便の撮影に回るので会場でお会いした先輩と共に三峰口を後にし、武州中川で下車。駅から少しの所にあるポイントで3000系を待ったが、短編成の撮影には慣れていないせいか手応えは微妙…。なお3000系の後にはSLの折り返しも続くのでそれを撮影してから駅に戻り、そして行きのルートを辿って帰宅と相成った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westwarrior.blog12.fc2.com/tb.php/318-816ac7c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。