DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・201系の分割運用に注目

↓のような展開だったので、そのまま寝ずにレポートを書く体制に。2時頃から書き始め、3時半過ぎに24が始まったのでTVを点けながら続けた割には意外と進み、むしろ24が終わると同時にテンションもダウン。(笑 一旦布団にダイブしてから復活したのは結局昼になってからで、片付いたのは夕暮れ時であった。これで残るレポートはあと一つ…よしもう一踏ん張り。
さて終了後はあまりに体が鈍っていたのでちょっとお出かけ…って結局いつもの鉄分補給なのだが。ウェブ上で見ていた限り今日も中央線の分割運用に201系が充当しているようなのだが、午後に線路内公衆立ち入りがあった影響で運用変更が起きている様子。気になったのでこの目で見に行った次第である。

(やはりこの先文章大盛りです>)

駅に着くとやはり多少ダイヤの乱れを引きずっているらしく、東京18:05発青梅行(1817T)がE233系H51編成による前6両武蔵五日市行+後ろ4両青梅行で運転されており、東京18:12発武蔵五日市・青梅行(1817H)が201系T124編成による青梅行として運転されていた。要するにそのままだと1817Hが分割の設定のある列車にも関わらず車両は貫通編成なので、分割の出来る車両で運転されていた1817Tと役目を交換したのであろう(文才が無いので非常に分かりづらい文章だが…)。ちなみに駅の自動放送は共にダイヤに従い前者に対しては「青梅行」後者に対しては「武蔵五日市行・青梅行」となっていた。
ところで、そんな1817Tと1817Hの間には1811Hが設定されている。この列車こそ今日注目したい中央特快河口湖行だ。1811H=11H運用に入る車両はローテ通り行けば前日09Hだった車両、そうまさに昨日ホリ快で走ってくれた201系H6編成である。しかしそのローテは崩れてしまったようなのだが、なんと代わりに出て来たのも201系(H4編成)との事。そして先述したような運用変更が続く中、この列車は変更無くH4編成で現れてくれた。
こうなると俄然テンションは上がる一方。1811Hは大月に到着後前4両のみが河口湖に向かい、乗った後ろ6両は単独で高尾を1往復するのである。この基本編成の単独運用というのは本当につい最近まで存在すら知らなかったのだが、知るや否や「中間クハが[高尾][大月]のような本線系の行き先を出して走るってのが良いじゃない」という如何にも個人的な好みから撮りたくなるのが通勤型好きの性。という訳で今日は高尾までその姿を見に行ってきた。

[2010Mとして大月から到着後、折り返し2111Mとなり大月に帰る。そして同駅で夜を明かし、翌朝河口湖から帰ってきた付属編成と再び手を組み東京を目指す]
ちなみに同じ河口湖運用には25H~27H運用というのもあるが、こちらは大月に残った6連は高尾に戻ると引き返さずにそのまま一夜を明かし、翌朝の高尾6:29発大月行で大月に向かって河口湖から帰ってきた相棒と連結…という動きを取る。で、昨日の25Hは201系での運転だったそうなので必然的に今日の27Hにも201系充当=今朝の高尾6:29発でも中間クハが先頭に立つところが見れる事になる。レポート書きで朝まで起きていた自分はいっそそれを見に行こうとも思っていたのだが、予想以上にレポートに手間取ったのでそれを断念、次の機会がある事に期待しようと言い聞かせていたのであった。だがそれが同じ日のうちに実現してしまうとは何ともラッキーである。

…以上、毎度々々長い文章で失礼致しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westwarrior.blog12.fc2.com/tb.php/454-f9c359ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。