DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のお台場

7月31日は「GLAYの日」。これは1999年に幕張で20万人を集めたライブを開催したのが同日だった事からそう言われているもので、今年も何かあるのではと当日にGLAYのサイトを見たのが全ての始まりだった。
今年は同日~8月15日の間にお台場のヴィーナスフォート内で「LiB CAFE」を営業するという。幸いお台場ならば行けない距離ではないので実に心惹かれるものだが、カフェの営業は朝11時からに対して初日はサイトを見ていた同時刻くらいの時点で「本日分整理券配布終了」の文字。幸い翌日からは平日という事もあり混雑も緩和されたようだったがやはり多少の待ちは覚悟せざるを得ず、そこまで付き合ってもらえそうな人は思い浮かばず…。
しかし考えてみれば我が家は一家でGLAY好きなもので、母親に声を掛けてみると日曜が空いているとの事。良い歳して母親とお台場、と思われるかもしれないが個人的には久しぶりの親孝行。いざお台場へ出陣する事に相成った。

(以降LiB CAFEネタバレもややありますが>)

混雑も緩和されたと先述したがそれは平日だったかららしく、昨日=土曜は10時半過ぎの時点で18時までの整理券の配布を終えたとの事。これは日曜の今日もヤバいだろうと、朝早くから有楽町線直通電車に揺られる。永田町付近で東武50070系にすれ違いながら豊洲に到着、ゆりかもめに乗り換え青海に辿り着いたのが9時頃であったが、この時点で既に列はかなりの長さ。趣味柄待つ事には慣れているとはいえこの暑さまでは想定外、1時間程で列が動き始めたのは本当に助かった。しかし貰った整理券に書かれていた番号は400番台後半、素直に考えてそれだけの人が並んでいたという事になる。そして本来のカフェのオープン時刻となる11時位には全日の整理券の配布が終了した模様。いや~予想していた展開とはいえやっぱりビックリ。

[配られた整理券。ちなみに一部を伏せているのは何となくで、実際は個人情報を記入したり等は一切無いのでご安心を]
ちなみにこの整理券では入場時刻まで指定されており、我々はかなりの待ち時間だったが色々と巡って時間を潰し迎えた時刻にいよいよ入店。朝の大行列に限らずもはやヴィーナスフォート、いやお台場自体が凄い人出なのだが、店内はそこそこスペースがあり外の喧騒を忘れさせてくれるような居心地の良さ。1時間と滞在時間も定められていたのだが、十分楽しめる一時であった。

[店内のメニュー]
店を出ると外はすっかり夕暮れの日差し。暑さと早起きとで疲れもピークな訳だが、こういう疲れならばむしろ充実感もたっぷりと言えよう。

[最後は鉄ネタで…朝にすれ違った後再び遭遇した東武50070系。車両自体は既に見慣れたタイプとはいえ、それが「新木場」なんて表示しているのはやはり新鮮である。ちなみに今日は西武6107Fも有楽町線入りしていたようだ]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westwarrior.blog12.fc2.com/tb.php/462-383b559d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。