DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖花火大会

1つ下でも記した通り今日は諏訪湖上花火大会の日。観客輸送の為201系が普段縁の無い区間で臨時列車として使用されるのだがいよいよそれも今年限り、という訳で今夏初の18きっぷ利用でその姿を見に行ってきた。

雰囲気の良かったすずらんの里駅。本編はこちらからどうぞ>
色々あり早起きしたのに結局二度寝しむしろ寝坊、しかし元々の予定が余裕を持っていたものだったので2本目の201系の送り込み回送には間に合いそう。という訳でおそらく久しぶりの115系に揺られて塩山で下車。日陰も無く直射日光をまともに食らう橋の上で小1時間を過ごしながら、201系を待った。

ちなみにもこの場所、列車は家々や緑の陰から音も無く突然ひょっこり現れるものだからまったく気が抜けず、しかしそれも無理なので結局団臨2本(183系国鉄色&あずさ色)を撮り逃す結果に…。なお駅からの距離は意外と無く、そして201系は特急待避の為8分停車があるので撮影後サクサクと駅に戻ると201系はまだ停車中であった。
発車を見送った後は後続の小淵沢行で甲府にて下車。食事を済ませてから始発の長野行に乗って目指すはすずらんの里。ちなみにこの列車も花火観客対策で今日に限り6連(通常3連)である。
すずらんの里にやって来たのは6時台に豊田を出て、先程の201系(T109編成)よりも早く昼頃より臨時列車として使用が開始されているT118編成の撮影。既に分割されて動いているので付属編成が小淵沢への回送、基本編成が富士見への回送として通過するのだがどちらも10分ほど遅れての運転であった。またその他の列車も同様に10~20分程の遅れが出始めていたのだがこの遅延の原因は混雑によるものだそう。確かにすずらんの里の下りホームも花火目的と思われる人でいっぱいで、これは通勤型が駆り出されるのにも納得である。

[臨時あずさ95号(諏訪湖花火大会号)。一眼レフの準備をしていなかったので、デジカメで撮影]
さて自分は10分遅れでやって来た上り列車で富士見へ。この駅始発(折り返し)の臨時列車も多く、同業な方の姿もそこそこ見受けられた。

[約10分延の9243Mナイアガラ25号岡谷行。115系2連の3本繋ぎとは如何にも臨時列車という雰囲気]

[約7分延の9711Mナイアガラ27号上諏訪行]

[約14分延の9733Mナイアガラ31号上諏訪行]
それにしても今回くらいはせっかく「花火臨」を撮りに来ているのだから花火を見て行きたい気もしたのだが、18きっぷ利用ではあまりゆっくりしていると帰りがかなり遅くなってしまうので残念ながら今回もパス。富士見で9733Mの発車を見送ったところで自分は撤収と相成った。ありがたい事にやって来たのは大月行&大月での接続が中央特快という事で、割とスムーズに帰って来る事が出来た。

<本日の副産物?>

[その1/甲府にて]

[その2/小淵沢にて]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westwarrior.blog12.fc2.com/tb.php/467-254fba76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。