DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武デー

下に記したような怒涛の土日、そして月曜を経てクタクタなはずの今日だったが、思いのほかそこそこな時間に目が覚めたのでそのまま家を出る。今日は2047Fが東急車輌から帰って来る日という事で、ランドマークタワーやらみなとみらいの街並やらと黄色い電車を絡めよう、ついでに京急も撮ろうなんて思って「ありがとうギャラリー号」の運用をチェック…までしていたのに、直前になって急に疲労困憊。(笑 そういえば2045FのフルカラーLED化やガンダムHMでアツい新宿線を訪れてなかった、という訳で近場の西武線記録に励む事に。
まずは下り列車のお手軽撮影地としてよく利用している花小金井へ向かった。そう書いた割には訪れるのも久々で、2000系の幕車や3000系なんかが来る度にシャッターをガンガン切っていた。しかしなかなかお目当ての列車が来ないなぁなんて思っていれば…

なんと38101F!通過の案内が2連発で出ており妙だとは思ったものの片方は特急で、もう片方もこの辺りをよく走っている2000系4連の回送か何かだろうと思っていたのだが…まさかコレが来るとは。
ちなみに同車は午後も動いており、今度は行き先表示は試運転に。また新所沢で特急待避の為若干停車時間があった時に車内を覗く事も出来た。

[今日は快速急行での試運転だった模様]
そんな予想外の遭遇も織り交ぜつつ久々の新宿線の記録をしているうちに、時間も程よくなって来たのでいざ新秋津へ。待つ事しばし、音を立ててゆっくりと姿を現したのだが…赤い!機関車が赤いよ!(笑

という訳で機関車にそこまで詳しくない自分でもその存在は知っている、「虹ガマ」「ゲッパ」ことEF65-1118が牽引役を務めていたのであった。
(若干長くなるのでこちらに続きます>)
この機関車、本当はJR東日本の所属なのだが現在JR貨物に貸し出されていたので今回の甲種への充当も叶ったとか。そしてこのところいよいよ引退の噂が以前にも増してチラつき始めたE31との顔合わせもあり、38101Fの時ほどではないとはいえ新秋津周辺はかなり活気が見られた。
ちなみにそんな機関車にばかり目を取られてしまうが、肝心の2047Fも入場時とは異なる姿であった事を忘れてはならない。まず目に付く変更点としては戸袋窓が埋められている点であろう。

またパンタグラフもシングルアーム化されたほか、車番が最新の更新工事を受けた2000系同様のシンプルなプレートになっており、先頭車前面には9000系改造車と同じく番号が入れられた。このほか室内もシート端部の仕切りの形状が新しくなっているのが確認出来た。

但し弱冷車を表すステッカーは、30000系と違い従来と同じものを使用している。なお西武の新マークは未貼付で、行き先表示器は入場時のまま(幕式)。但しこれは表示器の交換は車両基地単位で出来るようなので、今後ササッとフルカラーLED化されるのかもしれない。

窓の形式の違いからか、側面から見ると同じ戸袋窓の無い2000系とはまた違った新鮮な印象を受けるのだが、前面が大きな変化が無いのでこうやって見ると急に新鮮さも落ちるから不思議なものである。
2000系に続いて更新車が登場し始めた新2000系。これまではドアチャイムや排障器付近に転落防止の放送を流すスピーカーを設置した4連が数編成居る程度だったかと思うが、ここに来てこのような比較的大規模な工事を受けた編成が現れた。今後の展開にまだまだ目が離せなさそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westwarrior.blog12.fc2.com/tb.php/564-63cefb8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。