DN’s Blog

~コメント及びTBは、管理人の確認後に公開させて頂いております~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たまま

大学が終わって夕暮れの新宿を通り掛かった際、何やら7番線に見慣れぬ車両が停車しているのを確認。おおっあの奇抜なデザインの車両は…。

正体は485系「彩」。明日からの房総地区での団臨の送り込み回送のようである。

暗い所だとテールライトが点いている方がより強烈な顔付きかもしれない。ホームに居た子供が親御さんに「普通じゃない電車だ~」なんて言っていたが、色んな意味で正解かも。(笑

No Title

こん**は、昼休みに会った友達に「なんか疲れた顔してるね」「顔から負のオーラが…」と言われたDNですが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
もっともそんな今日もまた朝から出動していた。鉄道友の会が新しい鉄道車両の中から優れたものに対して贈る「ブルーリボン賞」「ローレル賞」の今年の受賞車両が、ブルーリボン賞は富山ライトレール0600形・ローレル賞はJR東日本のE233系と西鉄3000系に決まったそう。そしてこのうち最も身近なE233系に関しては水曜よりH52編成に記念のヘッドマークを取り付けて運転されているという。そんな同編成、昨日は河口湖(付属編成は高尾)で運用を終える25Hに充当したとの事で、今日は27Hに流れる事がほぼ確実。という訳でこれはチャンスとばかりにその姿を見に行って来た。いやしかしこの中央線仕様は前面が白を基調としているせいか、ヘッドマークが付くと引き締まるというか何というか、個人的にはなかなか好印象。

[ちなみにこの時1本前を走っていた09Tには201系が充当。慌しいラッシュ帯だったので短い時間だったが、なかなか良い顔合わせを見る事が出来た]
なお余談だが、只今昨冬に行われたツアーを収録したGLAYの一番新しいライブDVDを見ながらこの文章を執筆中。我が家のDVD鑑賞はPS2に頼っているのだが、最近は一部のディスクを読み取らないなかなかの不良児。という訳でこのDVDも発売日(先週水曜)に購入していながら見られない日々が続いていた。
とはいえそのPS2は数年前にも同じ症状で修理に出している上に確か1万円近く掛かったはず、という訳で結局今日新しいPS2を購入しやっとDVDを満喫している次第である。このご時世にPS3でなくPS2、そして今更その薄さに驚いているという…時代遅れも甚だしい?(笑

幕張211系大宮出場

池袋2番線に14:36発の回送の案内があると経験上やって来るのはほとんどスカ色の113系、但し一度だけE257-500の姿を見た事も。そして今日はそのスジで初めて211系を目撃、という訳できっと幕張の車両の大宮出場スジなのだろう。

[新宿では7番線に]
いやしかし今更ながらこの211系の房総色、結構嫌いじゃない色合いだったり。スカッと晴れた日とか、今の時期は難しいかもしれないが黄緑色の草々が広がるような風景に絡めてとか、個人的にはそんなシチュエーションで撮ってみたいもの。

今シーズン最後の青春18きっぷ

青春18きっぷも間もなくシーズン終了。ラスト1回分が残っていたのでもともと今日どこかに出かけようというつもりでは居たのだが、何ともタイミングの良い事に前日の運用から見て今日の中央快速線23Hは201系との事。休日ダイヤにのみ設定されている武蔵五日市・高麗川発の青梅特快でその姿が見られるという訳で、頑張って早起きをして拝島へその列車を見に行った。

[こちらは武蔵五日市からやって来た、H4編成の基本編成側]
本来はこの列車だけでも十分な収穫なのだが、ケータイで情報収集してみるとなんとホリ快1号にも201系で運転中との事。こちらも前日の運用から充当の可能性があったとはいえ、いざ本当に入ってくれるとテンションもだだ上がり。そのまま拝島に居座り、ホリ快の到着を待った。
(以降長引くのでこちらへどうぞ>) 【“今シーズン最後の青春18きっぷ”の続きを読む】

秩鉄&磐越西線

昨日の南入曽~バイトで疲れていたはずなのに、24を見て朝5時。それでもやっと眠りについたのは6時の事、しかし6時半には目を覚まし身支度を始めて出発…久しぶりになかなかの極限状態(?)で一日が始まった。
先週に引き続いて18きっぷ旅行である。今日は磐越西線で455系「あかべぇ」のさよなら運転が行われるのでずっとそれに狙いを定めていたのだが、その後秩父鉄道で鉄道博物館の開館を記念しオレンジバーミリオンに復刻した1000系(旧国鉄101系)による臨時急行もこの土日に運転されるとも発表があった。この臨時急行と「あかべぇ」の両立は厳しいものがあるのだが、幸い同車は熊谷に留置されている様子。という訳で臨時列車そのものは撮れなくてもその姿だけでも収められれば、という気持ちで朝の高崎線に揺られ熊谷へ。
(以降、文章&画像が続きますのでこちらへどうぞ>)
【“秩鉄&磐越西線”の続きを読む】
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。